シフォンその後

いちじくのラムシフォン
在庫のドライいちじくが足りなかったので、赤ワイン煮のいちじくを、足しました。
f0368037_18595871.jpg
花は…多分咲きました。
卵は4個です。
卵黄1個20g、卵白は40gの計算です。
トール型なので、この程度咲けば、合格点なのでしょうか。
_(:3 」∠)_
f0368037_19003557.jpg
気持ち、冷ます時間が足りなかったせいか、横っ腹にたるみが…( ´△`)オーノー
f0368037_19011117.jpg
実は、フィリング入りのシフォン、はじめてです。
(紅茶葉など、もっと細かいフィリングはありますが)
ドキドキしながら焼きました。
f0368037_19020710.jpg
こちらのシフォンは、いつもの、鎌倉しふぉんのレシピではなく、中山真由美さんのレシピです。
わたしが最初に買った、シフォンのレシピ本。
大変お世話になった本です。
散々作って思うのは、鎌倉しふぉんより、粉が多めだと思います。
f0368037_19024323.jpg

いちじくのシフォンを焼く前に、鎌倉しふぉんの、ヨーグルトシフォンも焼いていました。
前回の予想をもとに、今回、卵白量は計量。
一個あたり、35gで計算しました。
f0368037_19040277.jpg

花が、咲かない…

。゚(゚´ω`゚)゚。

でも、方向性としては良かったみたい。
いつもより、すこしだけ、健気に膨らんでいました。
f0368037_19043710.jpg
絶対、卵白量に違いない!
と、予想していたのに、この結果にがっかりして、雑に取り出した結果、トップが汚い。。
ああああ
後悔先に立たずです。
f0368037_19052749.jpg
グラニュー糖を切らしてしまい、虎の子の和三盆を使用しました。
想像以上に、和三盆の風味が強く、ヨーグルトの爽やかさが、全く消えています。
f0368037_19061489.jpg
和三盆まで使ったのになあ…

悲しい。

断面を見てもらうと、違いがよくわかりますが、鎌倉しふぉんのシフォンは、とても、しっとりしています。
花は咲かないけど、こちらの食感が、断然好みです。
要は、加水の高い生地に、わたしの腕がついていってない、ということですね。


修行はつづきます。

[PR]
by milleoven | 2017-04-09 12:58 | milleのお菓子

作ったパンやお菓子、美味しいもの。時々、こどもたちのこと。


by mille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31